お子様に一生懸命。緑風塾は、小中高一貫教育、地域密着型の学習教室です。

世界は、グローバル化、情報通信技術の進展に伴い、人・モノ・金・情報や様々な文化・価値観が国境を越えて流動化しつつあり、変化が激しく先行きが不透明な社会に移行しています。  またBRICSなどの新興国の台頭により、国際競争は激化し、これまでのように日本が優位でいられることは、困難になってきています。同時に少子高齢化による労働者人口の減少によって、働き手の少ない日本はこれまでの経済力を維持していくのが困難になることが予測されます。  労働力減少を解決する手立てとして、今後、日本は、賃金が安く、優秀なアジアの若者たちを大量に採用していくことは明らかです。こういった状況下で、日本の子どもたちは、世界と日本で勝ち抜いて行けるでしょうか?私はとても不安でなりません。  この不安を解決するには、どうすれば良いのか。政界や経済界はもちろん、私たち教育界も、真剣に考え、積極的な答えを出さなければならない時が来ました。緑風塾は、真剣に考え、行動を起こします。日本の子どもたち、引いては川西の子どもたちに明るい未来を。これからの緑風塾の取り組みにご期待ください。

少子化や国際競争力の低下が叫ばれる昨今、より多くの子どもたちにとって、グローバルでありながら、日本人の強みを活かした教育が必要であると考えます。大震災時、多くの国では被災地において暴動や強奪が起こるのに対し、日本では長い列を成して救援物資を待ち、窮地に立たされても年長者は年少者に譲る気持ちを忘れないのだと言います。こういった日本人の忍耐力や礼儀正しさ、相手に対する思い遣りは世界に誇るべきだと考えます。  知識を教えるだけでは真に勉強に向き合えるとは言えません。「身の回りのことをきっちりする」「礼儀正しくする」「前向きな気持ちで取り組む」「長時間勉強できる忍耐力をつける」「目標に向けた行動を習慣化する」、こういった勉強のまわりの大切な部分を養成することではじめて勉強に向き合い、本来持っている力を発揮できるのではないでしょうか。  緑風塾は最大12年間一貫教育の地元密着塾です。地域の教育事情をふまえ、勉強が苦手なお子様の力をどうやって発揮できるか、また勉強が得意なお子様の力をどこまで伸ばせるかを日夜一生懸命考えています。それは高校受験や大学受験のためだけではなく、一人の人間としての力を鍛えるための教育であると考えています。

【緑風塾のこだわり】 ①最大12年一貫教育の、地元密着型授業 小学生から、大学受験までの指導に精通した講師が担当します。一人ひとりのお子さまとしっかり向き合い、得意な教科はとことん伸ばし、苦手な教科はじっくり補強するシステムをご用意しています。同じ講師が小学校から高校まで長く指導することで、お子さまの性格や特性に合わせた進路をご提案することができます。②	安心の定期テスト対策 地元の定期テスト前には、「テスト対策勉強会」を実施。定期テスト2週間前から(土)(日)を利用して行います。定期テストへの万全の準備はもちろん、勉強の体力を養うことができます。この「テス対」は、定期テストで少しでも良い成績を取りたいという生徒の声から始まったものです。緑風塾はこれからも、地域のご要望に応えていきます。③毎日使える学習スペース 緑風塾では授業のある日以外でも自習をしに来ていただくことができます。お家ではなかなか集中できないとき、わからない問題があるとき、ぜひご利用ください。学校の宿題も質問可能です。環境を変えることで成績は大きく変化します。④保護者さまとの連携 ただ塾に来ているだけではなかなか成績は上がりません。宿題をしっかりこなし、遅刻・忘れ物なく授業に参加することが、成績アップには必要不可欠な要素です。そのためには保護者さまと緑風塾の連携が大切になってきます。

【保護者さまと塾とを繋ぐしくみ】「学習日誌」 授業内容・宿題の内容、また忘れ物の有無や、宿題ができているかを毎回の授業ごとにお知らせします。「月例テスト」定期的にお子さまの習熟度を示す塾内テストを行い、成績表をご家庭にお送りします。各教科担当の講師からのアドバイスが記入されています。「年2回の保護者懇談」夏と冬に保護者懇談を開催し、お子さまの学習状況や進路のお話をさせていただきます。地域の進路状況を熟知した講師陣が手厚くサポートします。「入退室管理システム」お子さまの入退室時に保護者さまにメールが届くシステムを稼働しています。防犯、無断欠席や遅刻防止にお役立ていただきます。